プロフィール

新しいテクノロジーの音

登録 2020年12月18日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

  12月 次月
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

マイクロフォン

月間アーカイブ

2020年12月

2020/12/18

ワンカラルームで、有線マイクの比較をしてみました

カラオケ館某店のワンカラルームに行き、microphonesの比較をしてきました。ワンカラルームは写真のような感じです。スタジオ仕様なのでわりと広いです。

imageonekara.jpg

無線マイクはなく、コンデンサーマイクとダイナミック マイクの2本が使用できるようになっています。この2本と自分が持っているマイクと比べました。マイクの詳細は、次の通りです。

 

A audiotechnicaのコンデンサーマイク AT2020 9200円くらい

imagemaiku2.jpg

B audiotechnicaのダイナミック マイク AT-PV1000 35000円!

imagemaiku1.jpg

C 精密採点DX で点が出ると評判のCUSTOMTRY ダイナミック マイク CM-2000

Amazonで1150円にて購入

 

何を比較するかですが、精密採点DXとの相性です。『きらきらぼし』を3回歌った結果で比べることにしました。同じマイクで続けて歌うのは避けて、A→B→C→A→B→C→A→B→Cの順番で、3回ずつ歌いました。

抑揚やビブラートは、同じようになるように意識しました。

 

価格は、Bが圧倒しており、性能・感度は良いはずなのですが・・・結果は、次の通りになりました。

CapD20140822.png

表の順番は逆(9が最初)になっており、A が3・6・9、Bが2・5・8、Cが1・4・7です。

6回連続音程90をキープできたのに、後半は疲れが出たようです。

 

平均点を出してみました。

A 91.554点

B 91.834点

C 92.794点

 

たった3回ずつですが、わかりやすい結果が出たと言えるでしょう。

 

平均点が高いのは見ての通りですが、Cは、チャートの合計点がそんなに高くないのに、93.395点と92.99点が取れています。

 

この中では、チャートの合計・音程・抑揚が高い8が、1番点数が出てよいはずです。なぜ7の方が0.847点高いのか、よくわかりません。これは、裏加点(声量らしい)が入っているのでしょうか?

CapD20140823.jpg

もともとこのマイクは、超高得点を狙う人達が、無線マイクだと98~99点しか取れないのが、100点を取れるようになるということで話題になりました。有名な方が、テレビで紹介もしました。

 

私も試してみたくなり、数ヶ月前に購入しました。無線マイクと比べると、80点台の場合でも、自分の体感では、1~2点くらい高い点が出るように思います。店の無線マイクは、古かったり、電池が少なかったりすることがあるので、常に安定した状態で歌えることも大きいです。

 

JOYSOUNDf1でも、8割方CM-2000を使っています。こちらは、点数がアップするという実感はありませんが、やはりマイクの状態に悩まされることがないのは良いです。

 

(今回の集計と採点結果図は、『精密集計DX』さんを利用しています。)

コメント登録

名前

コメント

最近の記事